出会えること間違いなし!出会い系サイト攻略方法

出会い系サイトに登録が終わったとしても結局どのようにして利用していいのかいまいちよくわかなくて利用するのを止めてしまったりしてしまう人もいれば自分なりに利用していても全然出会えないからもういいや!って止めてしまう人もいますよね。

出会い系サイトを上手に使えば今までにない沢山の人と交流をすることができるようになることは間違いありません。

いきなり初めて利用するサービスを自分なりに始めてみろって言われても何から手をつけていいか分かりませんよね。ですからここでは初めて出会い系サイトを利用する初心者の方でも出会える確率を少しでも高めることが出来るようにしっかりと攻略方法を紹介していきたいと思います。

もちろんこの方法が唯一のやり方と言うものではありませんし、他のやり方もあるかもしれません。

また全ての人がこの方法をとれば絶対に100%出会えるというものではありません。人によって相性がありますので合う合わないと言うのは出てくると思います。

ただし、これから説明をする攻略方法がまったく参考にならないと言うものでもないと思いますから参考に出来る部分だけを自分の中で取り入れるようにしていくのもいいですよね。

最初は攻略方法を参考に進めていきそこから自分にやりやすいオリジナルの方法を見つけていくようにしましょう。

まずは最初の1人と会うために掲示板の活用

出会い系サイトを利用しようと思ってまず最初に思うのが自分が利用している出会い系サイトで本当に出会えるのか?っていう不安が常に付きまとってきます。

会えない期間が長ければ長いほどその不安は大きくなってきます。

ですからまずはどんな人でもいいので最初の1人と会うということを優先してください。いきなり理想の相手に行くのではなくて出会えるサイトなのかどうかを検証する必要があります。

そこで活用するのが掲示板です。掲示板はリアルタイムに今出会いたい人が書き込んでいるものであり、そこに書き込んでいる人たちに対してアプローチをしていけば即アポスピード出会いにつながっていきます。

大手サイトともなれば掲示板に書き込んでいる件数もかなりの件数なわけですから近くにいる人が書き込んでいることもあります。そういった人に対して積極的にアプローチをしていきましょう。

この時に自分のタイプの人じゃないとか会いたい年齢じゃないとかは関係なくとにかく会うことだけを優先をしましょう。大事なのは自分が利用している出会い系サイトで出会えたという確証を得ることです。

出会えた後はマッチングシステムがありますので出会い系サイトで自分の理想の相手にアプローチをしていくようにしましょう。

沢山の人にアプローチ


出会い系サイトでよく初心者の人がやってしまいがちなのがマッチングシステムで自分の理想の1人を選び抜いてその人とだけやり取りをするというやり方をしてしまいがちですが、この場合ですとどうしても気持ちに余裕がなくなってしまいますよね。

マッチングシステムを使えば自分の理想のタイプなどを入力をしていけばそれに合った人を一覧でひょうじしてくれるものですが、あくまでもデータ上でしかないわけですよね。

フィーリング合う合わないだってあります。

出会い系サイトでは何十万人と言う人が利用しているのにも関わらず、その中からたった一人だけやり取りをするというのは勿体無いですよね。また気持ちに余裕もなくなってしまいます。

沢山の人とアプローチをしていけばこの人となんとなく話が合わないとか価値観が合わなくても無理にあわせずに他の人とやり取りをしていけばいいかって思いますよね。

無理して相手に合わせようとすると疲れてしまいますから自分に合った人とやり取りを最初はしていくようにしましょう。

自分と価値観の合った人を見つけるために沢山の人にアプローチをしていくようにしましょう。

共通点の多い人から順に送る

出会い系サイトではとにかく価値観の合う人を見つけることが出会えるチャンスが上がってくることでしょう。

しかし、適当にとにかく沢山の人に誰彼かまわず送ればいいというものではありません。

やはり共通点の多い人から送ることが大切です。

共通点が多ければ多いほど人は心を開きやすくなりますよね。例えば同じ日、似たような時間に生まれた人が隣の家に住んでいたらとりあえず会って話してみたいと思いますよね。

さらに共通点にも優先順位があります。

まずは家から近いかどうかが大切です。家から近ければ近いほど即アポなどもしやすいですし、ちょっとした時にわざわざ予定を合わせなくても仕事帰りにお茶しませんか?みたいに誘いやすいですよね。

家が近ければお互いに会いやすくなるのでまずは家の近くにいる人を優先しましょう。

次に年齢で同い年であれば会話も弾みやすいと考えますよね。

年齢が近ければお互いにフランクに接しやすいですし、打ち解けやすくなります。

そこから趣味が似ていたり、仕事が似ていたりなどの共通点がある人と優先順をつけてアプローチをしていきましょう。

どんな会話をすればいい

出会い系サイトでやり取りのメインになってくるのはメールです。ですがメールの苦手な人はどうしようもないのか?と思ってしまうほど嫌いな人っていますよね?

何を話していいのかわからないという人だっているでしょう。普通に会話をするのは全然平気だけど文章に起こすとなると中々難しいですね。

女性でもメールが苦手な人も多いと思いますが、なんだかんだいって男性は全般的に苦手な人が多いように思います。そこで男性が女性向けてネタになるようなものをここで提供していきたいと思います。

まず絶対に話しておきたいのが恋の話ですよね。今までどんな人と付き合ってきたのか?とか今後どんな人と付き合っていきたいのか?というのを話しておくと盛り上がります。どんな感じで付き合っていきたいのかを知っておくのはお互いにどんな人かを知ることが出来ますのでいいですよね。

男性が気になるのはおごってもらって当たり前の考えでいるような女性だったら付き合いたくないと思いますし、女性の方も束縛が激しい男性なのかをなどお互いに情報を集めることができます。

何よりも恋愛というのは盛り上がりますよね。たとえば芸能人にたとえたらどんな人が好きなのか?などを話したりするのも楽しいですよね。

恋愛は鉄板トークになりますのでぜひとも話題の一つにしておきましょう。

次にグルメについて話しておきたいですよね。どんなご飯が好きなのか?おいしいお酒だったりワインなどがあるという情報を伝えるのもいいかもしれません。本当においしいご飯を食べたいという気持ちになりますし、実際に誘いやすくなりますし、誘われやすくもなります。たとえば相手がおいしいイタリアンが好きだとか!ワインが好きだとかいったらそこに連れて行ってあげてもいいかもしれません。

食事というのは生物がかなり取らなくてはいけないものですの基本的に食事が嫌いという人は少ないです。ですから女性の好きな物とかに合わせて行動してあげてもいいかもしれません。

最後は趣味の話です。

基本的なことですが普段は何をしているのか?どんな音楽を聴いているのか?などを聞いてもいいのかもしれません。相手の情報を引き出せるだけ引き出しつつキャッチボールをしていくことが大切です。

以上のことを話していけば1日1・2回程度で連絡を取り合っていたら大体は話が続きやすいと思います。

大事なのは自分と同じ趣味の時には話題をふくらませるようにしましょう。

たとえば好きなスポーツがかぶったらいつから始めていたのか?とかどれぐらいやっていたのか?とかいづれ出来たらいいね?など敏感に反応してあげれば膨らみやすいです。

1時間でも良いからとにかく会うことが大事


出会い系サイトで盛り上がったらいよいよ相手と会うことになると思います。

相手に会って話してみませんか?って聞いたときに向こうもぜひそうしましょうと言われたらいよいよスケジュール調整に入ると思います。

この時にスムーズに予定が合えばいいかもしれませんが、意外とこのスケジュール調整がうまくいかないことってありますよね。

そもそも予定が合わないとか、休みは一緒でもお互いに空いている日がスケジュールが入っていたりする事だってよくありますよね。せっかく盛り上がっていたのに予定が合わなかったら盛り下がってしまって結局また予定が会えばとなってしまって会う機会を逃してしまいますよね。

そうならないようにするために1時間でもいいのでとにかく会うことを優先しましょう。例えば次の仕事が休みだから仕事終わりに向かいますので1時間だけでもお茶しませんか?とか30分だけでもいいので話してみたいといってみましょう。

仕事終わりに軽くお酒を飲むぐらいだったら問題ないと思う人も多いでしょうから短い時間のほうが会話が途切れることなくスムーズに会話をすることが出来るのも魅力的ですよね。

1時間だけ会っても意味がないと思うのではなくてむしろ1時間程度のほうが緊張せずに話せると思って相手と接するようにしましょう。

出会えること間違いなし!出会い系サイト攻略方法まとめ

人によって相手の誘い方やアプローチ方法は違うかも知れませんが、一つの方法として知っておくようにしましょう。

出会い系サイト初心者は最初はこの攻略法を試してみてそれで出会えたら続けていってブラッシュアップをしたり自分なりのやり方と言うのを見つけていくことが大切です。

自分ひとりで始めてしまうと他の人が失敗したようなことや周り道をしてしまうこともありますよね。

まずは最短ルートで出会える方法を知ることが出会い系サイトではとても大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする