騙されたくない!悪徳業者の手口と傾向を一挙公開

出会い系サイトを利用したくても今一歩踏み出せない人の理由として悪徳業者の存在がありますよね。せっかく利用しても悪徳業者の利用するサイトを利用してしまったり、騙されてしまうのは嫌だと思って利用できない人って多いと思います。

悪徳業者が運営をする出会い系サイトの数は激減しておりそれこそ全国で一大ブームとなった時と比べると10分1程度まで減っていると言われています。

それだけ出会い系サイトを運営をすることに対して法律や警察に対する監視の目が厳しいですし、何よりも悪徳業者として捕まったらかなり重い刑が罰せられてしまいます。

また悪徳業者に引っかかる人も好くなって来たこともあり、悪徳業者自体の売り上げも激減しており、リスクだけが増えて収入は減るということで悪徳業者の数はどんどん減っているのが現状です。

とはいえ完全にゼロではないというのも一つの事実であり、油断をしてはいけません。悪徳業者に騙されるわけがないじゃん!って思っている人ほど騙されてしまいがちです。

いまだに悪徳業者として生き残っているのにはそれなりの理由があるわけです。

だからこそここではただ怖がっているだけでは意味がありませんのでまずは悪徳業者がどんな手口で騙そうとするのかの手口や悪徳業者のサイトにどんな傾向があるのかを公開したいと思います。

手口さえ把握すれば怖いものではありませんよね。ですから悪徳業者に騙されたくない人は是非ともご覧になってください。

サクラメールの手口

出会い系サイトで最も怖くて警戒をしていかなければいけないと言われているのはサクラの存在です。サクラとはだいたい2パーン存在しており一つは優良サイトに登録して一般人のフリをして他のサイトを利用しているからこっちでメールのやり取りをしませんか?という他サイトへと誘導させるやり方がありますのがひとつ。

もう一つのパターンとしては悪徳業者のサイトがサイトの中で利用者のフリをしてそこでメールのやり取りをさせてそこで相手にお金を請求させるというパターンであり悪徳業者とサクラが密接に関係しているパターンです。

前者の対策というのは簡単ですよね。他のサイトへ誘導してくる人はサクラだと判断すればいいですので対策はしやすいと思います。

しかし厄介なのがもう一つのパターンですよね。

これは利用者のフリをしているのですから出会い系サイトのヘビーユーザーと呼ばれる上級者でも失敗してしまうパターンがあります。

対策方法としては万全ではないかもしれませんがここでは後者の悪徳業者に登録してしまってサクラとメールをしているかもしれないというサクラの手口について紹介していきます。こういったタイプの人からアプローチが来た場合は十分警戒しなくてはいけませんということを覚えておいてほしいと思います。

自分はサクラになんか騙されるわけがない!と思っている人もいると思いますが、最初は誰だって騙されるわけがないと思っていても結局は騙されてしまうので自分は騙されてしまうかもという危機感を持って利用しておきましょう。そしてもし当てはまっているのであればすぐに退会することをお勧めします。

まずはじめにお金をあげますだったり一夜限りの関係をしたいですといういかにも誘惑してくるようなおいしい話には乗らないようにしましょう。一糸まとわぬ姿の写メとか大量のお金がいきなり入ってどうしていいかわからないから差し上げます。というようなメールはサクラの典型的な手段です。

次に芸能人のなりすましなどにも十分気をつけましょう。芸能人はマイナーな人でも利用することはあり得ないと思ってください。もしかしたらと思うかもしれませんがありません!そういったメールが頻繁に来るサイトはやめておきましょう。

他にもとにかく一回もメールしていないのにとりあえず会って話しませんか?などいきなりメールが来たり、とにかく毎日大量のメールが来るところもやめておきましょう。

このことに気をつけてみましょう。

退会ページがない

出会い系サイトのみならずインターネットサービスを運営をする側にとってせっかく会員登録をしてもらった人が退会をするというのはなんとしても避けておきたいものです。

また運営側は会員に対してはキャンペーンの告知やイベントの告知を行うことが出来ますが、退会をした人に対しては告知を送ることはできないという決まりがあります。

また利用者がただログインしない状態であったとしても再び何かしらのキッカケで始めてもらう可能性も出てきますよね。しかし、退会をしてもらったら再び登録からしなおしてもらわなくてはいけないということもあって再び利用してもらう可能性が低いのです。

ですから運営側からしてみれば退会だけはして欲しくないのが現状としてあります、インターネットサービスで登録が必要な場合は必ず退会ページを設置しなければいけない、そして退会をする手続きは簡単で2ステップ以内にスムーズに退会できるようにしなければいけないという決まりがあります。

しかし、悪徳業者が運営をしている場合はこの退会ページを分かりづらいところに設置をしていたり、設置をしても退会手続きが非常に面倒だったり、そもそも設置をしていないというところもあれば、さらに悪質なところだと退会手数料という名目でお金を徴収しようとしてくるところもあります。

出会い系サイトを利用する前に必ず退会ページの仕方や手続きの方法などは確認をしてから利用するようにしましょう。

会社概要に関する記載がない

インターネットサービスを運営をするにあたって必ず公開をしなければいけないのが運営者情報です。どんな会社なのか、どこに住所があるのかなどをしっかりと説明をしていかなくてはいけません。

しかし、悪徳業者というのは自分が悪いことをしているという自覚があって行っています。

人は悪いことをする上で人目につかず、目立たないように隠れて行いますよね。

ですから悪徳業者の出会い系サイトは自分の情報をさらけ出さないまま運営をしているところが多いです。

自社の情報を公開しないで運営をするのは法律違反をしているので絶対に利用してはいけません。

必ず公開をしなければいけないのが運営会社、代表者の名前、住所、連絡先、資本金などです。

必ず利用する前に確認をするようにしましょう。

二つの申請手続きをしていない

あまり知られていないことかもしれませんが、出会い系サイトを運営をするのには二つの申請が必要になります。

一つは警察庁に、もう一つは総務省に提出をしなくてはいけません。この二つの申請自体はそこまで難しいものではないですし、比較的簡単に取得をすることが出来ますし、お金もそこまで掛かるというものではありません。

また取得をしたら必ず二つまとめてインターネットのホームページ上に公開をしなければいけない決まりがあります。

しかし、悪徳業者が運営をするサイトというのは3ヶ月から半年ぐらいの周期ですぐにサイト名を変更をしたり、会社名を変更したりしますよね。

そのたびに申請手続きをするとなると面倒と感じたり費用が負担になって来るのかもしれません。

利用者も申請をしているかどうかなんて見ないでしょうと思って申請をしないまま運営をしているところもありますので十分に気をつけるようにしましょう。

ホームページの特定商取引か運営者情報の下のほうに記載されているので必ず利用する前に申請をしているかどうかの確認が必要です。

料金の記載がされていない

出会い系サイトでトラブルの元になるのが料金ですよね。利用する際にどれだけ料金がかかるのか?というのは必ず把握をしなければいけないものですが、悪徳業者の場合はさも完全無料と偽って利用者を騙したりしてきます。

利用者からしてみれば料金のページがなかったり、記載がなかったら無料だと思ってしまいますよね。

そこで利用して後から多額の請求が来たときにトラブルになってしまいます。

大体悪徳業者というのは利用規約のような沢山の文字が羅列しているところに目立たないようなところに料金を記載をして、ここに書いてあるでしょ?って言って文句を言ってきたりします。

しかし、料金の記載に関してもしっかりと法律で定められており、トップページの目立つところにしっかりと記載をするか、もしくは料金専用ページに記載をしているかどうかを把握しないといけません。

またこの二つの該当していない場合は料金の支払いに応じなくていいとされています。

必ず利用する前に料金がどれくらいかかるのかは確認するようにしましょう。

騙されたくない!悪徳業者の手口と傾向を一挙公開まとめ

悪徳業者の手口はある程度似たり寄ったりしているところが多いです。効率良く人を騙そうとして、そして警察などの目から逃れようとするために隠れてコソコソ行っています。

だからこそ悪徳業者は似たり寄ったりなわけですから見分けもつきやすいのです。

事前に悪徳業者と分かる出会い系サイトは絶対に利用しないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする